ニキビ化粧品は使い方が大切

 

ニキビ化粧水の使い方のコツ

ニキビに効果があるはずのニキビ化粧品を使っていても、期待したほど効果がない場合がありますよね。それは化粧品の質ではなく、使い方に問題がある場合があります。特に化粧水ですが、保湿をする為には毎日欠かせません。

 

化粧水を付けるタイミングは洗顔直後が一番化粧水が浸透される時です。お風呂上りにのんびりしてしまうと、肌から水分が蒸発してあっという間に乾燥してしまいます。

 

化粧水はコットンにとってつけるか、もしくは手で直接肌に付けるのか、それぞれにメリットがあります。ニキビ肌には手の温度を利用して、毛穴を開かせながら化粧水を付けると効率よいスキンケアをする事が出来ます。

 

美容液を使うのはいつがいいの?

毎日のスキンケアは、洗顔と化粧水だけも十分基礎的なケアは出来ているのですが、ニキビ肌にはさらに保湿効果を高める美容液も大切です。ニキビ化粧品には、通常の化粧品のように化粧水や乳液、クリーム、美容液など目的別になっています。美容液は、肌に水分を与える化粧水の働きは多少異なり、肌の奥に潤いを閉じ込める働きがあります。

 

そして美容液にはエイジング効果や、美白効果などさらに目的ごとになっていますので、自分の肌に必要なものを選ぶことが必要です。ニキビ化粧水だけでは肌が改善しない時には、美容液を使ってさらに肌に栄養を与えることも大切です。そして最後に乳液を使って肌に膜を張ることで保湿は完璧です。

 

ニキビの種類ごとにあった化粧品を使う

ニキビ化粧品はそれぞれのニキビの種類にあったものを使うことが大切です。思春期ニキビをはじめ、大人になると原因がさらに複雑になるために、的確にアプローチができる化粧品を選びましょう。

 

ニキビ予防をする為には保湿効果の良いもの、そしてニキビ跡のでこぼこや色素沈着を改善するには、肌のターンオーバーを活発にする栄養分、炎症のあるニキビには薬用成分など、自分の肌の状態をよく理解することが必要ですね。

 

ニキビ化粧品を使ってもあまり効果がない時は、自分のニキビに合ったスキンケアをする事が必要なのです。せっかくのニキビ化粧品も効果的に使うことが大切ですよ。

関連ページ

睡眠不足はお肌に大敵
夜更かしをしたり、睡眠不足の生活を続けてしまうと肌の皮脂のバランスが崩れてしまい、さらにニキビの回復も遅くなってしまいます。ニキビ跡を綺麗にする為にも、毎日の十分な睡眠をとることは忘れてはいけません。
化粧品は肌にあっていますか?
肌に合わない化粧品を使い続けていると、肌のブロック機能が破壊されてしまう為に、ターンオーバーが正常に行われない原因となります。ニキビ化粧品の効果を感じられない場合は、他の化粧品に変えてみることもよいでしょう。
正しい洗顔をしていますか?
効果的な洗顔をする為にはたくさんの泡の粒を使って、毛穴の中を綺麗にする事が効果的です。ニキビ用の洗顔料は、殺菌効果もあるために効果的に肌を衛生的に保つことも出来ます。
部位別のニキビの原因とは?
口も回りにできるニキビは、胃腸の働きが関係している場合があります。食生活を改善して美肌に良いビタミン類を多くとることが大切です。対策としては、ニキビ化粧品を使って毎日お肌のケアをする事が効果的ですね。