正しい洗顔をしていますか?

 

ニキビの原因となる皮脂の分泌について

Tゾーンをはじめ、皮脂の分泌が多い部位にはニキビが出来やすいことが特徴です。皮脂は毛穴に詰まり、アクネ菌が繁殖してしまいます。この皮脂ですが、乾燥を防ぐ為に肌本来の保湿機能として分泌がされています。肌にタイプによっては皮脂が多く分泌される人もいますが、バランスを整える為には、乾燥を防ぐ為に保湿をする事が必要なのです。

 

オイリー肌も同様で、肌が乾燥しないからといって洗顔したまま肌を放置してはいけません。肌の水分を保つことが、正常な皮脂の分泌につながるのです。そこで大切な毎日の洗顔ですが、間違った洗顔を続けていると、ニキビの原因にもなっているのです。

 

擦る洗顔ではダメ

洗顔はごしごし肌をこすったほうが汚れが綺麗になると誤解をしていませんか?ニキビができやすい肌の人は、特に洗顔に注意をしないといけません。肌を摩擦してしまうと負担となり、炎症を起こして雑菌を増やす原因となってしまいます。そして毛穴の中に詰まる汚れは、手で強く擦っても意味がありません。

 

効果的な洗顔をする為にはたくさんの泡の粒を使って、毛穴の中を綺麗にする事が効果的です。ニキビ用の洗顔料は、殺菌効果もあるために効果的に肌を衛生的に保つことも出来ます。そしてすすぎの時も、石鹸成分が肌に残らないように時間をかけてすすいでくださいね。

 

洗浄力の強い洗顔料は要注意

洗顔方法を正しく守っても、使っている洗顔料が肌に刺激となってしまうと、結局肌荒れやニキビの原因になってしまいます。ヒアルロン酸やコラーゲンが配合された洗顔料を使うことで、肌に潤いを与えながら汚れだけをとる事が出来ます。あまり値段の安い洗顔料では、だた洗浄力が強いだけで、必要な皮脂までも洗い流してしまう恐れがあります。

 

洗浄力を重視する前に、肌に刺激の少ない無添加洗顔料を使ってみましょう。ニキビ用の化粧品には、保湿効果の高い洗顔料や予防効果の高いものがたくさんあります。洗顔はただ汚れを取るだけでなく、肌の働きを活性化するための基本作業なのです。

関連ページ

睡眠不足はお肌に大敵
夜更かしをしたり、睡眠不足の生活を続けてしまうと肌の皮脂のバランスが崩れてしまい、さらにニキビの回復も遅くなってしまいます。ニキビ跡を綺麗にする為にも、毎日の十分な睡眠をとることは忘れてはいけません。
化粧品は肌にあっていますか?
肌に合わない化粧品を使い続けていると、肌のブロック機能が破壊されてしまう為に、ターンオーバーが正常に行われない原因となります。ニキビ化粧品の効果を感じられない場合は、他の化粧品に変えてみることもよいでしょう。
部位別のニキビの原因とは?
口も回りにできるニキビは、胃腸の働きが関係している場合があります。食生活を改善して美肌に良いビタミン類を多くとることが大切です。対策としては、ニキビ化粧品を使って毎日お肌のケアをする事が効果的ですね。
ニキビ化粧品は使い方が大切
ニキビに効果があるはずのニキビ化粧品を使っていても、期待したほど効果がない場合がありますよね。それは化粧品の質ではなく、使い方に問題がある場合があります。