大人ニキビと思春期ニキビの違い

 

ニキビの原因の違いはなに?

思春期の頃のニキビは、ホルモンの働きにより過剰に皮脂が分泌してしまうことが原因となります。ホルモンは10代の終わりになると徐々に安定してくる為に、ニキビもそれほど気にならなくなります。しかし大人になってからもニキビはできてしまいます。皮脂のバランスが悪いことは同じですが、その原因は生活習慣や食生活などが影響しています。

 

そのため正しいニキビ化粧品を選ばないと、なかなか効率的なケアをする事が出来ません。特にニキビ化粧水ですが、毎日使うために自分の肌質に合ったものを使うことが必要です。さらに年齢によって肌の働きも異なる為に、必要な栄養分を補うことも必要です。

 

ニキビ化粧品はどうやって選ぶの?

各社から販売されているニキビ化粧品ですが、思春期と大人のニキビでは化粧品の効果は違うのでしょうか。思春期のニキビには過剰な皮脂を抑える効果のあるものを選ぶことが必要です。

 

そしてアクネ菌の発生を抑える為に雑菌効果がある薬用タイプもお薦めです。大人ニキビには、保湿効果の高い化粧品がお薦めです。乾燥を防ぐことで、肌の新陳代謝を活発にします。

 

どちらの場合も毎日の洗顔と保湿がポイントになりますので、正しいスキンケア方法を続けることが大切です。大人ニキビは、メイクとも関係していますので、毛穴の汚れを綺麗にとるクレンジングも大切です。

 

根本的な原因を改善しよう

ニキビは表面だけのケアを繰り返していては完全に改善することは出来ません。そのためには使うニキビ化粧品を注意して選ぶことが大切です。普通の化粧品では、保湿効果が十分でない場合や、ニキビ肌に効率的に働く機能が少ない場合があります。

 

ニキビ化粧水は敏感肌でも使えることや、薬用成分が使用されている点が普通化粧品とは異なります。

 

抗酸化作用の高い成分で肌の細胞の働きを活発にする機能などは、普通化粧品にはあまり期待できません。このように正しいスキンケア商品を使うことと、根本的な原因となる生活習慣の見直しを同時に行うことで、面倒なニキビ肌の対策を効率よく行うことが出来ます。

関連ページ

ニキビ化粧品はお試しから使ってみること
毎日使うニキビ化粧品ですが、実際に使ってみないと分からない点もたくさんあります。そこでお薦めなのはサンプル化粧品を使うことです。1週間分のトライアル化粧品など、値段も安く各社から販売されています。
継続して使える化粧品の特徴
ニキビ化粧品は、使用している成分などにより、商品の価格にも違いがあります。毎日使うスキンケア商品は、コスパの良いほうが安心ですが、色々な化粧品をそろえなくても、自分の肌に必要なものだけを継続して使うことが大切です。
宣伝に惑わされないこと
ニキビ化粧品の場合は、使ってすぐに効果があるような化粧品や、ニキビ跡が綺麗になくなる効果など、とても興味のわく化粧品がたくさんあります。あまりその宣伝効果に惑わされること無く、本当に自分の肌に必要なものを見つけましょう。
予防効果の高いニキビ化粧水を使うこと
ニキビ予防をすることは、肌の細胞の働きを活発にするため、美肌の為にはとても効果的なのです。ニキビ化粧品を選ぶ時は、肌の角質層の奥まで浸透できるものを選ぶことや、肌に必要な栄養分を与えることができるタイプを選びましょう。