背中ニキビのケア対策

背中ニキビはなぜできる?

背中ニキビの成長は早い!なんか赤くぽつぽつが出来てきたなと思ったら気づいたら背中全体に広がってしまいます。
他の部位に比べて広がりが早く感じてしまうのは見えないから。ということだと思いますが、放置していると次第に黒ずみケアをしても跡が残ってしまう場合があります。
水着を着られない、温泉も背中を見せたくないから気が引けるという方も少なくないのではないでしょうか。

 

背中ニキビの原因は下記のようにあげられます。
■寝汗・・・仰向けで寝る方は特に、一番汗をかくのは背中です。
■日焼けによるダメージ・・・肌は紫外線に弱いので、日焼けをするとすぐニキビになるわけではないですが、出来やすい肌になってしまいます。
■過度なストレス・・・ホルモンバランスが崩れることもニキビが出来る原因の一つです。
■食生活の乱れ・・・チョコレートなどの糖分の高いもの、もち米などは肌荒れの原因となることがあります。
■洗濯洗剤が合わない・・・合わない洗濯洗剤を使ったときに一番肌に触れる背中に影響が出やすいです。
■シャンプーなどの刺激・・・髪の毛を洗いながら、どうしても背中に付着してしまうシャンプーやリンスが、毛穴に詰まりニキビの原因になります。

 

色々な原因がありますが、大人ニキビの場合一つではなくいくつかが複合的に影響している場合もあります。原因を理解してしっかり対策をとりましょう。

背中ニキビの対策

一番の対策は常に清潔に保つこと。
上の原因に当てはめて一つずつ対策を見ていきましょう。
■寝汗・・・寝ている姿勢を時々変えることも対策になりますが、なかなか難しいので吸水性の高いインナーを着用しましょう。
■日焼け・・・なるべく紫外線に触れすぎないことが重要です。背中は日焼け止めを塗るのがおろそかになりがちですが、背中ニキビの予防になるのでしっかり塗りましょう。
■ストレス・・・十分な睡眠時間を確保しましょう。
■食生活・・・バランスの整った食事を心がけ、ビタミンを積極的に摂取するようにしましょう。
■洗濯洗剤・・・敏感肌の自覚がある方は特に、初めて使う洗剤はパッチテストをしてみましょう。
■シャンプーの刺激・・・髪の毛を洗うときはきちんと背中も流し、お風呂上りには髪の毛からの刺激が少ないよう、髪をまとめるようにしましょう。
肌を清潔に保ち、皮脂の少ない背中にする、肌にできるだけ刺激を与えないことが一番の対策です。

背中ニキビのケア・治療

背中ニキビは、肌を清潔に保つことが一番の治療になります。
見えない場所なので、ニキビが出来てしまってからの治療は意外にも大変。皮脂腺が多く、なかなか治り辛い位置でもあります。背中を毎日肌を傷つけないよう優しく洗い流して、背中の皮脂を取り除き、化粧水などで保湿もしっかりしましょう。

 

肌が汚れたまま放置して乾燥してしまうと、ターンオーバーがうまくいかず、ニキビがなかなか治らなかったり、跡が残ってしまうことがあります。
ですので、背中の清潔さを保つことと、保湿をしっかりすることが重要です。

 

関連ページ

大人ニキビのケア方法
ニキビは、異常性ざ瘡(じんじょうせいざそう)と呼ばれる皮膚疾患のひとつであり、

必ずしも思春期の肌にだけ起こるトラブルではなく、思春期肌をなんのトラブルもなく過ごしてきた人でも起こり得る皮膚疾患なのです。

おでこのニキビケア対策
大人になってからできる大人ニキビは体の不調やSOSの表れとも言われますが、出来る場所によって不調の原因がつかめることもあります。
鼻のニキビケア対策
最もニキビができやすい環境が整っている鼻ですが、それだけでなく顔の一番高い位置にあるので紫外線の影響を如実に受けます。鼻の頭だけ焼けて真っ赤になったという経験ありませんか?
口のニキビケア対策
口の周りにはヘルペスが出来ることがありますが、ヘルペスとニキビは同じ皮膚の炎症であり、見た目にはよく似ています。
ニキビの種類とその治療
ニキビには様々な種類のニキビがありますがここではニキビの種類とそれぞれのケア方法をご紹介します。

まずはニキビの種類をご紹介します。