ニキビ肌にはなるべく避けたい化粧品アイテム

いつも使っているスキンケアアイテムも、肌の状態によって使い分けることが重要なポイントです。特に肌の悩みとして多いのがニキビ。ニキビがあるときには、なるべく避けたいスキンケアアイテムがあります。一体どんなものがあるのでしょうか。

 

ふき取りクレンジングシート

ニキビ肌は従来の肌よりも敏感になっている事が特徴です。そのため、どんなスキンケアを行うにせよ、刺激を抑えることを意識しましょう。

 

クレンジングには、とても簡単なふき取るシートタイプがあります。クレンジング剤がシートに吸収されたものです。そのまま顔をふき取るだけで、アイメイクなども簡単に綺麗に落とすことができます。

 

こんなに便利なものですが、ニキビ肌にはとても負担となります。ニキビが炎症を起こしている場合もありますし、肌に摩擦を加える事でさらにニキビが悪化してしまいます。

 

ニキビ肌はメイク自体を控える事も必要なのですが、どうしてもクレンジングが必要なときは、クリームやミルクタイプの保湿効果のあるクレンジング剤を使いましょう。

アルコール剤の強いスキンケアアイテム

ニキビ肌の化粧品には、殺菌効果の高いものがあります。アクネ菌を殺菌する為に、新たなニキビを予防する事ができます。

 

しかしこれらのニキビ化粧品には、アルコール成分が強いものがたくさんあります。肌に負担をかけることで、バリア機能が低下してしまうのです。肌の細胞の働きも減少するために、ニキビ肌には低刺激のスキンケアをする事がお薦めです。

マッサージクリームにも注意しよう

マッサージクリームには、油成分がたくさん使用されています。ニキビは過剰な皮脂などがアクネ菌の良いエサとなる為に、クリームもニキビの原因となる場合があります。

 

マッサージクリームも、肌の摩擦を防ぐ為に油成分が配合されています。ニキビがある時は、マッサージで肌を擦る事や、油成分を過剰に肌に吸収させることはなるべく避けたほうが安心です。

 

マッサージの変わりに、化粧水や乳液で肌の保湿を行いましょう。

関連ページ

原因によって対処方法を変えること
ニキビができる原因は、食生活や生活習慣など、様々な事が要因となっています。ニキビ肌のケアをするときは、ニキビの原因を理解して、効果的な対処をする事が重要です。
誰でもやってる間違ったスキンケア方法
なんとなく毎日繰り返してしまうスキンケア。実は一般的に行っている事が、ニキビ肌にはとてもダメージとなっているのです。そこで注意をしたいスキンケア方法について、チェックしてみましょう。
ニキビはつぶしたほうが早く治る?
とても目立つニキビには、赤ニキビや白ニキビなど、ファンデーションでも綺麗に隠せないですよね。そんなニキビは早く治したいのですが、本当につぶした方が早く治るものなのでしょうか。
敏感肌に使えるニキビ化粧品はあるの?
自分の肌質を理解する事は、化粧品選びの際にも重要なポイントになります。敏感肌の方は、刺激の強い成分が配合されたものはなるべく使いたくないですよね。敏感肌のニキビ対策にはどのようなニキビ化粧品を使ったらよいのでしょうか。