大人ニキビのケア方法

大人ニキビ

大人ニキビって何?

以前は中学生から高校生頃の思春期のお年頃の男女にできやすいと思われていたニキビ。
最近では20代から30代の方で悩んでいる人も少なくないのではないでしょうか。

 

ニキビは、異常性ざ瘡(じんじょうせいざそう)と呼ばれる皮膚疾患のひとつであり、
必ずしも思春期の肌にだけ起こるトラブルではなく、思春期肌をなんのトラブルもなく過ごしてきた人でも起こり得る皮膚疾患なのです。

思春期ニキビと大人ニキビの違い

「大人になれば治るから」と言われる思春期ニキビ。
これは子供から大人への成長の過程の一つといってもいいでしょう。第二次成長期に起こることが多く、
ホルモンバランスの変化により皮脂の分泌が盛んになることが原因の一つにあげられます。

 

これに対し大人ニキビは、肌のターンオーバー(細胞の生まれ変わるサイクル)
が乱れることによっておこると言われています。肌がそろそろ疲れてきたよー!とサインを出していると思えば簡単です。ターンオーバーの乱れには色々な原因が挙げられますが主にはストレスで、不規則な生活習慣やお化粧品によって受けるダメージが直接肌に現れます。

 

こういった背景があるので大人ニキビはなかなか完治しづらいと言われています。
キレイに治ってもまた生活習慣の乱れや過度なストレスですぐに再発といった具合に繰り返し悩まされます。

大人ニキビのケア

さて、思春期ニキビと大人ニキビの違いがわかったところで、そのケア方法の違いを見ていきましょう。
同じニキビでもそのケアの仕方は両極端で、思春期ニキビは主に外面のケア、大人ニキビは内面のケアが重要になってきます。

 

思春期ニキビは皮脂の量と潤いのバランスがとても大事で、乾燥しすぎても潤い過ぎても治り辛いデリケートな肌と上手にお付き合いしていくことが完治への近道です。

 

一方大人ニキビは、もちろん肌そのもののケアは大事ですが、そのニキビの原因となっている内面の問題を解決することが重要となってきます。
肌の状態のみに気を取られ、一度完治してもホルモンバランスの乱れですぐに再発してしまうからです。

 

皮膚科などで専門家に診てもらい、毎日適切なケアを行いながら、
かつ、なるべくストレスをためない生活を送ることで、少しずつ改善されていきます。

 

思春期ニキビと同じ対応で治る方も中にはいると思いますが、敏感肌や乾燥肌、
それぞれ体質によって合う化粧品や合わない化粧品がありますので、やはり専門家に相談しながら確実に治していくことをおすすめします。

 

関連ページ

背中ニキビのケア対策
色々な原因がありますが、大人ニキビの場合一つではなくいくつかが複合的に影響している場合もあります。原因を理解してしっかり対策をとりましょう。
おでこのニキビケア対策
大人になってからできる大人ニキビは体の不調やSOSの表れとも言われますが、出来る場所によって不調の原因がつかめることもあります。
鼻のニキビケア対策
最もニキビができやすい環境が整っている鼻ですが、それだけでなく顔の一番高い位置にあるので紫外線の影響を如実に受けます。鼻の頭だけ焼けて真っ赤になったという経験ありませんか?
口のニキビケア対策
口の周りにはヘルペスが出来ることがありますが、ヘルペスとニキビは同じ皮膚の炎症であり、見た目にはよく似ています。
ニキビの種類とその治療
ニキビには様々な種類のニキビがありますがここではニキビの種類とそれぞれのケア方法をご紹介します。

まずはニキビの種類をご紹介します。