クレンジングと洗顔で肌を清潔に

肌の汚れが毛穴に詰まるとニキビの原因になります。皮脂や古い角質、そしてファンデーションの洗い残しなど、これらの汚れには雑菌が多く刺激にもなるため肌のトラブルの原因になります。生理前のニキビ予防にも毎日のクレンジングと洗顔を見直してみましょう。

 

メイクを控える事も大切なポイント

生理前にニキビが出来やすい方は、メイクにも注意しないといけません。特にリキッドファンデーションなど毛穴を詰まらせるメイクを控える事がオススメです。

 

生理前は皮脂が多く分泌してしまう為に油成分の多いメイク製品はなるべく使わない事、そして長時間のメイクも肌に負担となりニキビの原因になってしまいます。
生理前はなるべく基礎化粧品だけで過ごすか、もしくはパウダーファンデーションを軽く使うなど、肌に与える負担をなるべく抑えましょう。

 

アゴやおでこは皮脂が多くテカりも目立ちます。気になる場合は軽くふき取るか、もしくはぬるま湯でさっと洗顔してくださいね。
洗顔料を使いすぎると乾燥原因になりますのでさらに皮脂が多く分泌されてしまいます。

低刺激のクレンジングと洗顔料を使うこと

肌を清潔に保つには毎日の洗顔が重要なポイントになります。ターンオーバーが正常に行われていれば、古い角質も洗顔で綺麗に落とせます。
しかし肌の機能が正常でないと古い角質が肌に残り毛穴の詰まり原因となるため、特に生理前の洗顔には注意したいですよね。

 

だからといって洗浄力の強い洗顔料を使うことは肌のバリア機能を破壊する原因にもなり、さらに乾燥肌になる要因です。
毎日使うクレンジングと洗顔料は低刺激で保湿効果の高いものを使いましょう。

 

特にクレンジングは界面活性剤が配合されているため、肌には負担が大きく肌が敏感な生理前には刺激になってしまいます。濃いメイクを控え、クレジングもさっとできるように肌の健康を意識したケアが必要です。

ニキビ化粧品で仕上げの保湿ケア

クレジングと洗顔の後は必ず保湿ケアをしてください。ニキビ化粧品には殺菌効果や抗炎症にも効き目があり、ニキビができやすい肌のバランスを整える機能があります。

 

さらに乾燥を予防して肌を柔軟にする事でバリア機能を活性化して、正常な働きへと改善してくれます。
様々な種類のニキビ化粧品がありますが、人気ランキングを参考にして自分にぴったりにあう化粧品を選びましょう。

 

ニキビ肌の改善にはターンオーバーを活性化しないといけません。
肌の細胞にもアプローチできる多機能なニキビ化粧品を使うことが大切です。そして女性のホルモンバランスを整えるハーブ系の成分など、特色のあるニキビ化粧品もありますので口コミなども参考にして選んでくださいね。

関連ページ

知っておきたい生理前にできやすいニキビの特徴について
女性にとってとても憂鬱な生理前。お肌の状態も不安定になりニキビが出来やすくなりますよね。誰でも経験がある生理前のニキビ、その原因や特徴についてまずは理解しておきましょう。
ホルモン周期にあわせたスキンケアでニキビ予防
生理前になるとなぜか繰り返しできるニキビ。気をつけてるつもりでもなかなか思うようにニキビ予防はできませんよね。しかし女性特有の体の周期に合わせてスキンケアをすれば、気になるニキビの悩みからは開放されるのです。
ニキビ化粧水で予防対策
化粧品は継続して使うからこそ肌にぴったりあうものを見つけないといけません。ニキビ肌の場合は肌質改善の為にも化粧水選びには注意したいですね。そこでニキビ化粧水の特徴や効果について早速チェックしてみましょう。
どうしても消えないニキビ跡はどうしたらいいの?
ニキビ跡は色素沈着したり、でこぼこの肌になってしまったりとても見た目が悪いですよね。すぐに消せないニキビ跡はメイクで隠してしまうと、さらに肌に負担となりニキビができやすい悪循環となります。ではニキビ跡はどうした綺麗に改善できるのでしょうか。
肌タイプにぴったりのニキビ化粧品選びのポイント
化粧品選びで大切な事は自分の肌にぴったり合うものを見つけることです。簡単そうで実はとても難しい化粧品選び。毎日知らないうちに肌に刺激を与えているかもしれません。ニキビでお悩みの方、使っている化粧品を見直す時期かもしれませんよ。