目立つ毛穴に効果のある化粧品はありますか?

ビーグレンという化粧品とラ・ミューテという商品がお勧めです。どちらかというとビーグレンの方が保湿効果が高いので、毛穴ケアと保湿が同時にできるのでお勧めです。特にビーグレンのクレイ洗顔は毛穴の汚れが綺麗にとれます。ラ・ミューテも保湿が良いので肌のハリをアップするにはいいですね。

もっと知りたいあなたのために!

毛穴が目立つ状態だと、お化粧をするのも憂鬱になってしまいますよね。
目立つ毛穴に効果のある化粧品はありますが、毛穴がどうして目立ってしまうのか?から見ていきましょう。

 

目立つ毛穴の種類は?

目立つ毛穴の種類としては、代表的なものが2種類あります。
1つは黒ずみ毛穴です。毛穴にたまる汚れの代表格は皮脂です。そこにホコリやメイクなどが吸着されて毛穴汚れになります。
毛穴汚れを放っておくと酸化が進行し、黒く変色していきます。
放っておけばおくほど汚れが硬く結びつき、普通の洗顔では落とすのが難しくなります。
雑菌の温床にもなるので、他のトラブルを引き起こすと酷くなりやすい状態です。

 

もう1つはパックリ毛穴です。洗浄力の強い洗顔料でゴシゴシ擦って洗顔すると、かえって毛穴を目立たせてしまうことがあります。
お肌に必要な皮脂まで取り去ってしまったり、表皮を傷つけてしまい、お肌環境は最悪の状態です。
そんな潤いが不十分なガサガサの状態では、汚れがなくなってカラになった毛穴を閉じることができません。
毛穴を閉じる収れん化粧品さえも、そもそもお肌の受け入れ態勢が整っていないので、効果を発揮してくれません。
また、開き切った毛穴には新たな汚れもたまりやすく、お肌を傷つけてはまた汚れがたまるイタチごっこの状態になります。

 

絶対にNG!無理なケア&ファンデ厚塗り

どちらも正しいお手入れをしないと悪循環に陥りやすく、人の目が気になるやっかいなトラブルです。
てっとり早く抜け出したくて、間違った対処をしてしまうことがあります。
1つは毛穴パックやピーリングなど、汚れを根こそぎ取るお手入れです。
これは、適切な方法やアフターケアを怠らなければ有効です。
ただ、あくまでも一時的な対処法でしかなく、アフターケアをかなり念入りにしなければ無意味どころか逆効果です。
どちらもお肌にかなり負担がかかる方法なので、敏感なお肌には向いていません。
乾燥やさらなる毛穴開き、くすみや炎症に繋がることもあるので、よっぽどの緊急時でない限りは手を出すべきではないお手入れ方法です。

 

もう1つは、カバー力の高いファンデーションを厚塗りすること。直接隠してしまう発想ですね。
毛穴にメイクが入り込むのは薄化粧でも同じことですが、厚塗りにするとさらに毛穴汚れが酷くなります。
毛穴専用の下地やコンシーラーは、カバー力が高く目立つ毛穴を上手に隠してくれます。
ただ、メイクの粒子同士の結束が高く、本来は専用のメイク落しでオフしなければいけない強力なものです。
きちんとオフしているつもりでも落ち切っておらず、さらに毛穴を目立たせてしまうこともあります。

 

どちらも一時的に見栄えは良くなりますが、長い目で見るとお手入れの道のりを長引かせるだけ。絶対NG!な方法です。
地道に思えるかもしれませんが、正しいケアを続けることが一番の近道です。