混合肌

混合肌とは?

混合肌の特徴は、肌が部分的に乾燥していたり、皮脂が過剰に分泌してしまう部分があることです。
お肌のお手入れがとても厄介になるため、ニキビが出来やすい部位にも実は特徴があります。混合肌はTゾーンなどの皮脂の分泌が多い部位を中心に、ニキビが出来やすくなっています。
ニキビの原因となる皮脂のバランスをとるためには、部分的に保湿をしっかりと行う事がポイントになります。

 

混合肌は、角質層のバリア機能が減少している事もニキビの原因となります。刺激を与えないように、肌本来の機能をアップして、角質層の細胞の働きを活発にする事が大切です。

 

ニキビができる部位ごとにケア

混合肌は、毎日の洗顔と保湿を正しく行う事がニキビ予防にもつながります。
混合肌は皮脂の分泌が多い部位と乾燥する部位が混合しています。洗顔をするときは、皮脂が多い部位をはじめに洗い、最後に乾燥部位をさっと汚れを取るようにしましょう。
顔全体と一度に洗顔してしまうと、乾燥部位がさらに悪化してしまう原因となります。

 

特にニキビが出来やすいTゾーンやアゴの周りなど、皮脂の分泌が多いところは、泡で毛穴の中の角栓を取ることをイメージしながら洗顔をします。
そしてバリア機能が減少している為に、肌をこすらないようにデリケートなお手入れをすることが必要です。

 

混合肌のニキビ化粧品選びについて

混合肌のニキビ予防はスキンケア商品を使い分ける事で、部位ごとに効果的なケアをする事が出来ます。
ニキビ化粧水はアルコール成分が高いものがありますが、混合肌には刺激が強い為に、なるべく無添加化粧品や低刺激化粧品を使うことをお薦めします。

 

そして化粧水や乳液のほかに、美容液やクリームで部位ごとにさらに潤いを与える事で、出来やすいニキビを予防する事が出来ます。
必要な成分はセラミドや、コラーゲン、ヒアルロン酸などの保湿成分が含まれたニキビ化粧品です。
特に洗顔料と化粧水は毎日使いますので、混合肌に合ったもので肌をトータル的にケアすることが必要です。

関連ページ

脂性肌
いつも肌が皮脂でテカッてしまう脂性肌。肌には色々なタイプがありますが、皮脂の分泌がほかの人よりも多いこの肌タイプは、ニキビの原因にもなりやすい為に、毎日のスキンケアがとても大切になります。
普通肌
普通肌の特徴は、部分的に乾燥したり皮脂が多い「隠れ混合肌」であることが多いです。バランスよい部分がありながらも、肌の中には水分が少ないところもあるために、安心をしてはいけません。
乾燥肌
乾燥肌は毛穴に皮脂が詰まりやすく、ターンオーバーが活発でない場合もよくあります。そのため、乾燥肌には細胞レベルからの働きを活性化することが必要になりますので、ニキビ予防には専用の化粧品を使うことがポイントです。
敏感肌
敏感肌のケアは細心の注意をする事が大切です。ニキビが繰り返し出来てしまう場合は、刺激を抑えたニキビ化粧品を使い、保湿をしっかり行う事が必要です。