薬ではなくニキビ化粧品でケアをすることが大切

 

薬でニキビを治すのはNG?

肌に目立つニキビが出来てしまったら、まず思いつくのが塗り薬です。市販のニキビ専用の塗り薬を、使った経験のある人は沢山いると思います。しかし、繰り返し薬を使ってしまうと、肌に刺激となり色素沈着の原因になることや、ニキビ跡になりやすい要因となります。一時的に炎症を抑える為や殺菌効果としてはとても効果がありますが、ニキビ薬には肌に必要な善玉菌を減らしてしまう作用もあります。

 

アクネ菌の増殖を防ぐ為には肌には善玉菌が必要となります。薬で治しても、繰り返しニキビができてしまうのは、肌の細胞が薬の刺激により減少しているのです。皮脂のバランスをとるためにも、肌には刺激を与えずに保湿をすることが必要になります。

 

ニキビ化粧品を使うとどんなメリットがあるの?

ニキビ化粧品を使うメリットは、予防をすることでニキビが出来にくい肌に改善できる点です。薬用ニキビ化粧品にはアクネ菌の殺菌効果などもあり、それぞれに特徴があります。そして毛穴の詰まりの原因となる皮脂のバランスをとりながら、しかも乾燥をさせないように肌の保湿をすることが出来ます。通常の化粧品では、このように色々な効果を一度に得る事は出来ません。

 

しかしニキビ化粧品には即効性がありません。使ってすぐにニキビがなくなる事はありません。それは肌の新陳代謝などのタイミングとあわせて、時間をかけて肌の働きを改善していくためです。

 

大人ニキビには、生活習慣の見直しと、そして自分の肌に最適なニキビ化粧品を使うことが一番大切です。

関連ページ

ニキビの原因ごとにケアをすることが大切
ニキビ化粧品は、スキンケアの基本である保湿に重点をおいたものが効果的です。それは、ニキビが出来やすい肌が、皮脂のバランスがとても悪い為です。乾燥を防ぐ事で、皮脂のバランスを整え、アクネ菌の異常な繁殖を防ぐ事が出来ます。
ニキビ化粧品のランキングでお薦めは?
ニキビ化粧品を比較するときには、まず保湿効果です。そして低刺激であるかどうか、さらに値段も大切です。毎日使うものですから、コスパが良いほうが安心です。総合的に化粧品を比べてみるとよいでしょう。
ニキビ肌に効果のある化粧品を見つける方法
ニキビのケアは継続しないといけません。ニキビ化粧品を毎日使うためには、コスパの良いものが安心ですが、自分の肌にあうもので値段が安いものが理想ですね。ネット通販では定期購入など、安く買える方法もありますので、参考にしてください。
普通化粧品ではニキビは治らないの?
普通化粧品とニキビ化粧品には効果が多少異なります。普通化粧品には、保湿成分なども含まれていますが、その効果が多少弱いことなども特徴です。それぞれ目的ごとに作られていますので、特徴のある商品を選ぶことが必要ですね。