乾燥肌

乾燥肌と皮脂のバランス

乾燥肌は皮脂が少ない、という誤解をされがちなのですが、肌の乾燥は皮脂が過剰分泌する原因となっています。
その為、乾燥肌の場合はトラブルも多く、ニキビになりやすいことも特徴です。肌が乾燥すると、細胞の働きで肌を潤すために皮脂が余分に分泌されてしまいます。
その皮脂を取るために洗顔を繰り返して、さらに乾燥が悪化してしまうという悪循環が生まれやすいことも特徴です。

 

乾燥肌は毛穴に皮脂が詰まりやすく、ターンオーバーが活発でない場合もよくあります。
そのため、乾燥肌には細胞レベルからの働きを活性化することが必要になりますので、ニキビ予防には専用の化粧品を使うことがポイントです。

 

乾燥には保湿が命!

乾燥肌にはとにかく保湿をする事が大切です。ニキビ対策には保湿効果の高い化粧水を使って、洗顔後はすぐに保湿をしましょう。
化粧水だけで足りない時は乳液や美容液で栄養を与える事も必要ですね。
特に水分が少ない目の周りには、浸透性の良い成分を使用した化粧水や美容液で、ポイントごとにターゲットを置いたスキンケアをする事も大切ですね。

 

そして肌の働きを活性化するには、栄養を与える事が大切です。浸透性の良いビタミンC誘導体も乾燥肌にはとても効果があります。
肌の乾燥を改善する事がニキビ予防にも繋がる為に、化粧品選びは保湿にこだわってみるとよいでしょう。

 

ニキビ化粧品でニキビ予防!

乾燥肌にはニキビ化粧品の中でも、保湿効果の高い商品がお薦めです。そして乾燥肌はブロック機能なども衰えている為に、刺激に弱い肌になっている場合もあります。

 

紫外線をそのまま受けてしまうと、皮脂の層も厚くなり、かえってニキビの原因となりやすくなります。ニキビ化粧品を選ぶ時には、保湿効果、そして紫外線対策ができるものがよいでしょう。

 

そして、肌に刺激の少ない化粧品を使うことがポイントです。
無添加化粧品で限りなく肌への負担を抑えることが必要です。

 

洗顔時に肌をこすらない事や、クレジング剤で肌に刺激を与えることなど、毎日のお手入れは丁寧に行い、化粧品でお肌のサポートをしましょう。

関連ページ

脂性肌
いつも肌が皮脂でテカッてしまう脂性肌。肌には色々なタイプがありますが、皮脂の分泌がほかの人よりも多いこの肌タイプは、ニキビの原因にもなりやすい為に、毎日のスキンケアがとても大切になります。
普通肌
普通肌の特徴は、部分的に乾燥したり皮脂が多い「隠れ混合肌」であることが多いです。バランスよい部分がありながらも、肌の中には水分が少ないところもあるために、安心をしてはいけません。
敏感肌
敏感肌のケアは細心の注意をする事が大切です。ニキビが繰り返し出来てしまう場合は、刺激を抑えたニキビ化粧品を使い、保湿をしっかり行う事が必要です。
混合肌
混合肌は、毎日の洗顔と保湿を正しく行う事がニキビ予防にもつながります。混合肌は皮脂の分泌が多い部位と乾燥する部位が混合しています。洗顔をするときは、皮脂が多い部位をはじめに洗い、最後に乾燥部位をさっと汚れを取るようにしましょう。