角質ケアがニキビには効果的

 

角質ケアとは?

ニキビの予防をする為には、角質ケアをすることが必要です。角質層は、28日周期で肌のターンオーバーを繰り返しています。古い角質層が剥がれて、新しい角質へと生まれ変わります。
しかし、肌が乾燥していると、古い角質が毛穴に詰まったり、新しいものへと変わらずに、そのまま肌に残ってしまう場合もあります。

 

ターンオーバーは、加齢によっても肌の細胞の働きが減少してしまいますので、肌のサイクルが不安定になるという特徴もあります。
このため、角質の細胞を活発にするためにも、肌の乾燥を防ぐ事が必要になります。

 

ニキビ化粧品には皮脂を抑えながら、保湿をするというメリットがありますので、ニキビケアをするには角質へアプローチしたスキンケアが必要になります。

 

角質を柔軟にすることがポイント

大人ニキビは肌の老化も原因になっています。保湿成分であるコラーゲンやヒアルロン酸は、年齢とともにどんどん減少してきます。すると外部からの刺激から肌を守るブロック機能も減少する為に、紫外線のダメージも受けやすくなってしまいます。肌の細胞を活発にするには、角質を柔軟化して水分をたっぷり皮膚の中に閉じ込める事が重要ですね。角質が硬くなってしまうと、ニキビ化粧品を使っても、せっかくの保湿成分は肌へと浸透していきません。

 

そこでポイントになるのが、配合されている成分です。保湿成分であるヒアルロン酸コラーゲンを始め、ビタミンC誘導体もニキビ肌にはとても効果があります。角質層を柔軟化して、細胞の働きを活発にする作用があります。

関連ページ

ニキビ化粧品を選ぶ時のコツ
ニキビ肌に効果のある化粧品が沢山販売されています。ニキビケアをするのは時間がかかることです。ニキビ家用品を継続して使うためには、自分の肌に合うものを見つけることが重要なのです。
ニキビ化粧品に必要な成分とは?
ニキビ肌には基本となる保湿がまず必要になります。ニキビ化粧品に保湿成分が入っているというだけではなく、その成分が肌にしっかりと浸透するかどうかが大切になります。
ニキビ跡は化粧品で治せる?
ニキビ化粧品で、ニキビ跡が綺麗になるかどうか、それは状態にもよります。まったく元のように戻す事は難しいのですが、ニキビ化粧品を正しく使うことで、ニキビ跡の色素沈着などは目立たなくすることが出来ます。
大人ニキビにはとにかく保湿!
肌が乾燥してしまうと、角質層が固くなってしまう為に、化粧品の成分も浸透しなくなってしまいます。大人ニキビが出来やすい肌は、柔軟化することも必要になります。その為にも、ニキビ化粧品には保湿成分が必要になります。