ホルモン周期にあわせたスキンケアでニキビ予防

生理前になるとなぜか繰り返しできるニキビ。気をつけてるつもりでもなかなか思うようにニキビ予防はできませんよね。しかし女性特有の体の周期に合わせてスキンケアをすれば、気になるニキビの悩みからは開放されるのです。

 

乾燥しやすい生理中の肌のケア

女性の肌のコンディションはホルモンの働きにより定期的に変化しています。そこで体の仕組みを理解しながら効率的なスキンケアをはじめてみましょう。

 

生理中は血液の循環も衰えてしまい、肌も乾燥しやすくなっています。しかしついつい手を抜いてしまう生理中のスキンケア。ここでしっかり保湿をしないと乾燥肌が悪化して肌のバリア機能やターンオーバー周期にも影響してしまいます。

 

生理中にはニキビ化粧品を使って念入りな保湿ケアを行いましょう。特に乾燥しやすい目尻や頬などは乾燥シワ予防にも必要です。
保湿ケアはニキビ予防と同時に美肌ケアにも必要不可欠ですからね。肌のくすみも目立ちやすくなる生理中にはポイントケアをはじめとした保湿に力を入れてくださいね。

生理前のスキンケアのポイント

生理前になると増加するプロゲステロンは皮脂の分泌を活発にします。そのため余分な皮脂で毛穴が詰まりやすくなり、ニキビの原因となっているのです。

 

排卵後から生理前にかけての肌は、表面的には皮脂が多いのですが肌の内側は乾燥している状態です。
そのため角質層の奥までしっかり水分が届く浸透性の高い化粧品がオススメです。

 

ニキビ化粧品はビタミンC誘導体を配合したタイプも多く、保湿成分がしっかり肌の内側まで届きます。
特にアゴ部分やおでこ、こめかみは生理前にニキビができやすい部分の為、ニキビ化粧水も重ねつけするなどしっかりと保湿をしてください。
肌の老廃物がでやすいようにマッサージも効果的ですよ。

ニキビ化粧品で予防対策をすること

ニキビ化粧品を使ってもあまり効果が無かったという経験がありませんか?
ニキビができる原因は様々です。そのためニキビ化粧品はあらゆる角度からニキビにアプローチできるものがオススメです。
ニキビ化粧品特有の殺菌効果、角質ケアなど自分の肌に必要な成分が配合されたものを使いましょう。

 

ニキビは治すことよりも予防する事が大切です。生理前にニキビができやすい方は肌が敏感な場合も多いため、毎日使うニキビ化粧品は刺激の少ないものが安心ですね。

 

体の働きとともに変化する女性のデリケートな肌には、優しく機能するニキビ化粧品を使ってみましょう。
ホルモンの周期に合わせて肌質を根本から変えていくことが必要なのです。

関連ページ

知っておきたい生理前にできやすいニキビの特徴について
女性にとってとても憂鬱な生理前。お肌の状態も不安定になりニキビが出来やすくなりますよね。誰でも経験がある生理前のニキビ、その原因や特徴についてまずは理解しておきましょう。
クレンジングと洗顔で肌を清潔に
肌の汚れが毛穴に詰まるとニキビの原因になります。皮脂や古い角質、そしてファンデーションの洗い残しなど、これらの汚れには雑菌が多く刺激にもなるため肌のトラブルの原因になります。生理前のニキビ予防にも毎日のクレンジングと洗顔を見直してみましょう。
ニキビ化粧水で予防対策
化粧品は継続して使うからこそ肌にぴったりあうものを見つけないといけません。ニキビ肌の場合は肌質改善の為にも化粧水選びには注意したいですね。そこでニキビ化粧水の特徴や効果について早速チェックしてみましょう。
どうしても消えないニキビ跡はどうしたらいいの?
ニキビ跡は色素沈着したり、でこぼこの肌になってしまったりとても見た目が悪いですよね。すぐに消せないニキビ跡はメイクで隠してしまうと、さらに肌に負担となりニキビができやすい悪循環となります。ではニキビ跡はどうした綺麗に改善できるのでしょうか。
肌タイプにぴったりのニキビ化粧品選びのポイント
化粧品選びで大切な事は自分の肌にぴったり合うものを見つけることです。簡単そうで実はとても難しい化粧品選び。毎日知らないうちに肌に刺激を与えているかもしれません。ニキビでお悩みの方、使っている化粧品を見直す時期かもしれませんよ。