ニキビ化粧品に必要な成分とは?

 

保湿成分がまず基本

ニキビ肌には基本となる保湿がまず必要になります。しかし保湿成分が入っているというだけではなく、その成分が肌にしっかりと浸透するかどうかが大切になります。

 

ニキビ化粧品を使ってもなかなか効果が無い、そんな時は成分が肌に吸収されていないことも考えれます。保湿成分は、コラーゲンやヒアルロン酸、セラミドなど、水分を与えてそれを肌に閉じ込める効果が必要です。

 

特に洗顔をした後や入浴後は、肌からどんどん水分が蒸発していきます。肌が失った水分を与える事と、潤いを持続させる為には、保湿成分が十分に必要になります。

 

ニキビ化粧品を選ぶ時にはどんな成分が配合されているかチェックする事も忘れないようにしてください。

 

ビタミンCの効果

保湿成分のほかに大切なものがビタミンCです。ビタミンCの働きとしては、メラニン色素の働きを抑えることがありますが、シミの原因を防ぎ、肌の透明感を出す効果などがあります。

 

ニキビ化粧品にビタミンCが必要になるのは、ニキビ跡の色素沈着を改善する為や、皮脂を抑える働きがある為です。そしてビタミンCには炎症を抑える作用ありますので、赤いニキビや痛みがあるような時にも効果があります。ビタミンC誘導体、という成分が配合されたものがさらにお薦めです。これは浸透力を活発にする作用がありますので、効率よく角質層の奥まで成分を浸透させることが出来ます。

 

ニキビ化粧品を購入する際には、このビタミンC配合の有無をなるべくチェックしましょう。

関連ページ

ニキビ化粧品を選ぶ時のコツ
ニキビ肌に効果のある化粧品が沢山販売されています。ニキビケアをするのは時間がかかることです。ニキビ家用品を継続して使うためには、自分の肌に合うものを見つけることが重要なのです。
ニキビ跡は化粧品で治せる?
ニキビ化粧品で、ニキビ跡が綺麗になるかどうか、それは状態にもよります。まったく元のように戻す事は難しいのですが、ニキビ化粧品を正しく使うことで、ニキビ跡の色素沈着などは目立たなくすることが出来ます。
大人ニキビにはとにかく保湿!
肌が乾燥してしまうと、角質層が固くなってしまう為に、化粧品の成分も浸透しなくなってしまいます。大人ニキビが出来やすい肌は、柔軟化することも必要になります。その為にも、ニキビ化粧品には保湿成分が必要になります。
ニキビ化粧品 | 角質ケアがニキビには効果的
ニキビの予防をする為には、角質ケアをすることが必要です。ニキビ化粧品には皮脂を抑えながら、保湿をするというメリットがありますので、ニキビケアをするには角質へアプローチしたスキンケアが必要になります。