ニキビの原因ごとにケアをすることが大切

 

大人ニキビと思春期のニキビの違い

思春期の頃は、ホルモンの働きにより皮脂が過剰に分泌されてしまう事が特徴です。まだ不安定なホルモンの働きによる事が、原因となっています。
しかし20代、30代を過ぎても大人ニキビは出来てしまいます。肌のトラブルとしてとても困りますよね。

 

この大人ニキビの原因ですが、思春期の頃とは異なり、食生活や、ストレス、睡眠不足なども影響しています。そして女性はメイクが肌に残っている場合も、毛穴の詰まりの原因となる為に、ニキビが出来やすくなってしまいます。

 

原因は異なりますが、どちらの場合もすでにあるニキビを治すよりも、出来ないように予防をすることが必要です。
大人ニキビは特に治りも遅く、ニキビ跡に残りやすいことも特徴です。

 

ニキビ予防には保湿をすること

ニキビ化粧品は、スキンケアの基本である保湿に重点をおいたものが効果的です。それは、ニキビが出来やすい肌が、皮脂のバランスがとても悪い為です。

 

肌は乾燥すると、皮脂が過剰に分泌してしまいます。洗顔のやり過ぎも、肌がかえってテカッてしまう原因となります。ニキビができると、肌を清潔にすることばかり意識してしまいます。すると洗顔をやり過ぎてしまったり、殺菌効果の高い化粧品を使って、肌に必要な菌までも殺してしまう事になります。そこでニキビ肌には、保湿が必要になるのです。

 

乾燥を防ぐ事で、皮脂のバランスを整え、アクネ菌の異常な繁殖を防ぐ事が出来ます。スキンケアの洗顔と保湿には、とても大切な意味があることなのです。

関連ページ

ニキビ化粧品のランキングでお薦めは?
ニキビ化粧品を比較するときには、まず保湿効果です。そして低刺激であるかどうか、さらに値段も大切です。毎日使うものですから、コスパが良いほうが安心です。総合的に化粧品を比べてみるとよいでしょう。
ニキビ肌に効果のある化粧品を見つける方法
ニキビのケアは継続しないといけません。ニキビ化粧品を毎日使うためには、コスパの良いものが安心ですが、自分の肌にあうもので値段が安いものが理想ですね。ネット通販では定期購入など、安く買える方法もありますので、参考にしてください。
普通化粧品ではニキビは治らないの?
普通化粧品とニキビ化粧品には効果が多少異なります。普通化粧品には、保湿成分なども含まれていますが、その効果が多少弱いことなども特徴です。それぞれ目的ごとに作られていますので、特徴のある商品を選ぶことが必要ですね。
薬ではなくニキビ化粧品でケアをすることが大切
大人ニキビを薬で治しても、繰り返しできてしまうのは、肌の細胞が薬の刺激により減少しているのです。皮脂のバランスをとるためにも、肌には刺激を与えずにニキビ化粧品で保湿をすることが必要になります。