ニキビ跡に効果のある化粧品はどれですか?

お勧め商品は、リプロスキンという化粧水です。無添加のものですから、敏感肌の方でも安心して使う事ができますし、炎症を起しているニキビがあるときでも安心して使う事ができますよ。

もっと知りたいあなたのために!

ニキビが治っても気になるのがニキビ跡ですね。一度できてしまうと治りにくく、お化粧で隠すのにも限界があります。そこで頼りになるのがニキビ化粧品です。最近ますます成分や手軽さがアップしていますよね。ニキビ跡のことを理解して、より上手にケアしていきましょう!

 

知ってるようで知らないニキビ跡ができる仕組み

まずは、ニキビ跡のできる仕組みから考えてみましょう。
擦り傷をイメージしていただくとわかりやすいと思いますが、ニキビが治った直後はお肌がかなりデリケートな状態です。他の場所に比べると薄く、すこしピンクがかっていますよね?一見治ったように見えるこの部分ですが、まだまだ修復しようと頑張っている状態です。
・・・と言うよりニキビが見えなくなっただけで「まだ治っていない状態」なんです!

 

ここでお肌の頑張りをサポートしてあげなかったり、お肌が頑張りすぎてしまうのが問題です。
細胞の生まれ変わりがスムーズにいく普通の表皮ならば大丈夫ですが、新しい皮膚はなかなか剥がれ落ちず渋滞を引き起こします。そうすると皮膚がぶあつくなって角質化し、色素沈着や凸凹のクレーター、さらなる赤みを引き起こします。
これがニキビ跡のできる仕組みです。

 

ニキビ跡を作らないために出来ること

では、具体的にどうしてあげればニキビ跡を作らずに治せるんでしょう?
重要なことは、正しいサイクルのターンオーバーを維持し続けることです。
お肌のターンオーバーをサポートするためには、まずは保湿が大切です。
しっかりと潤いを与えて、新しいお肌がすんなり上がってこられる状態をつくります。
お肌が頑張りすぎてしまわないように、お肌を刺激から遠ざけることも重要です。
想像以上にデリケートな状態なので、洗顔やお手入れをする時には特に気を付けて優しくケアしてあげましょう。

 

ニキビが治ったからと言って暴飲暴食したり睡眠不足になると、また同じ場所にニキビができてしまいます。修復が終わっていないところにニキビができると治りづらく、さらに角質化がすすむためニキビ跡ができやすくなります。ニキビを治すためにコントロールしていた生活習慣を続けて、完全に治るまでは油断しないようにしましょう。

 

ニキビ跡を作らないためには、完全に治りきるまで手を抜かないこと!この一点に尽きます。
治った!と手放しに喜ばず、お肌と最後まで足並みをそろえていれば、ニキビ跡を怖がることはありません。