ニキビの種類とその治療

ニキビってどんな種類があるの?

ニキビには様々な種類のニキビがありますがここではニキビの種類とそれぞれのケア方法をご紹介します。
まずはニキビの種類をご紹介します。
■白ニキビ・・・もっとも一般的な、進行度としては初期段階。毛穴の出入り口がふさがり、皮脂が固まっている状態です。閉鎖面皰(へいさめんぽう)とも呼ばれる見た目は白いニキビで、正しくケアを行えば黒ニキビなどになる前になおすことができます。

 

■黒ニキビ・・・白ニキビがさらに進行した状態です。毛穴の中に固まった皮脂が酸化して黒ずんで見えますが、まだまだスキンケアで治すことが出来ます。開放面皰(かいほうめんぽう)とも呼ばれます。この黒ニキビのうちにきちんとケアをしておかないとあっという間に赤ニキビに移行してしまいます。

 

■赤ニキビ・・・黒ニキビが炎症し赤くはれてしまっている状態です。こうなってくると次第に痛みを伴います。刺激を与えないようケアをしましょう。

 

■黄色ニキビ・・・赤ニキビが炎症して膿がたまってしまって黄色く見えます。黄色ニキビにまで進行すると、治った後も肌がクレーターのようにぼこぼこになってしまうことがあるので、白ニキビや黒ニキビなど、症状が比較的軽いうちに適切なケアをしましょう。

 

ニキビの種類別治療法

ニキビの種類ごとの治療法をご紹介します。
■白ニキビ・・・白ニキビは、まず毛穴の皮脂の過剰分泌をなくすなど、肌環境を整えることが重要です。
それには洗顔がとても大事ですが、ゴシゴシ洗うともともとあった肌のバリア機能まで失われて返って肌に悪いので、皮脂の落としすぎには十分注意しながら優しく丁寧に洗顔を行ってください。
また、メイクはきっちり落とし、すすぎ残しなどがないようにします。毛穴が化粧品やクレンジング剤など、残留物でふさがれてしまうと細菌が繁殖してしまう原因となります。

 

■黒ニキビ・・・黒ニキビの改善には、毛穴の中の古い皮脂を取り除き清潔を保つことが第一です。だからといって、無理に爪や指で押したりピンセットなど皮脂を無理にとることはやめましょう。確かにピンセットなどでとると一時的に皮脂が取れ解消したかのように見えますが、周りの肌が傷ついたり広がった毛穴はまたニキビの原因になります。
洗顔料の泡を出来るだけ細かく泡立て優しく、黒くなってしまった皮脂に届くように洗顔しましょう。

 

■赤ニキビ・・・赤ニキビの改善の近道は、アクネ菌の繁殖を抑えることが重要です。皮脂を栄養として繁殖するアクネ菌は、酸素の中では繁殖できません。その性質を利用しながら上手にスキンケアを行いましょう。毛穴をふさがないよう、適度な皮脂量を保ちます。

 

■黄色ニキビ・・・黄色ニキビ(化膿ニキビ)は毛穴にアクネ菌が溜まってくると、それを退治しようと白血球が集まってきます。そのアクネ菌の死骸が膿となり黄色ニキビに進行します。こうなってくるとスキンケアでの治療は大変難しくなります。皮膚科を受診し、抗生物質やステロイド剤を使い、医師の指示に従い治療してください。

 

関連ページ

大人ニキビのケア方法
ニキビは、異常性ざ瘡(じんじょうせいざそう)と呼ばれる皮膚疾患のひとつであり、

必ずしも思春期の肌にだけ起こるトラブルではなく、思春期肌をなんのトラブルもなく過ごしてきた人でも起こり得る皮膚疾患なのです。

背中ニキビのケア対策
色々な原因がありますが、大人ニキビの場合一つではなくいくつかが複合的に影響している場合もあります。原因を理解してしっかり対策をとりましょう。
おでこのニキビケア対策
大人になってからできる大人ニキビは体の不調やSOSの表れとも言われますが、出来る場所によって不調の原因がつかめることもあります。
鼻のニキビケア対策
最もニキビができやすい環境が整っている鼻ですが、それだけでなく顔の一番高い位置にあるので紫外線の影響を如実に受けます。鼻の頭だけ焼けて真っ赤になったという経験ありませんか?
口のニキビケア対策
口の周りにはヘルペスが出来ることがありますが、ヘルペスとニキビは同じ皮膚の炎症であり、見た目にはよく似ています。