脂性肌

脂性肌の特徴について

いつも肌が皮脂でテカッてしまう脂性肌。肌には色々なタイプがありますが、皮脂の分泌がほかの人よりも多いこの肌タイプは、ニキビの原因にもなりやすい為に、毎日のスキンケアがとても大切になります。

 

特に大人ニキビが出来やすい20代、30代に多い肌のタイプでもあることも特徴ですが、皮脂のバランスが崩れてしまうのは、使っているコスメや生活習慣など色々な要因が考えられます。

 

そして肌の新陳代謝が悪いことも原因となりますので、時間をかけて肌質を改善する事がニキビ対策にも繋がります。
皮脂が多く分泌されてしまうと、毛穴の詰まりの原因となり汚れも付着しやすくなっているのです。

 

改善する方法はあるの?

「肌質は生まれつきだから」と諦めるのはまだ早いですよ。自分の肌のタイプにあった化粧品を使い、悩みごとにターゲットをおいたコスメを使うことで、肌質を改善する事はできるのです。
脂性肌はニキビ原因となる皮脂のケアにポイントがあるのです。

 

肌がテカッてしまうからといって洗顔を繰り返すのは乾燥する原因です。
そして汚れや皮脂を毛穴に詰まらせない為にも、洗顔で肌を清潔に保つことが必要になりますので、保湿成分の入った洗顔料を使うことがお薦めです。
汚れだけを取り除き、潤いを残す、そんな機能のある洗顔料を選んでみましょう。ニキビ用の化粧品も脂性肌にはとても効果があります。

 

ニキビ対策のポイント

脂性肌にももちろん保湿は必要です。洗顔後は特に水分が蒸発しやすい為に、すぐに化粧水で保湿をしましょう。
肌がべた付くのが嫌なときは、さらっとタイプなどで対応しましょう。

 

そして脂性肌で注意が必要なのは紫外線対策です。紫外線を浴びる事で皮脂の分泌が過剰になってしまいます。その為UVカットできる化粧品を使うことや、美白効果の高い化粧品を使ってニキビ予防をしましょう。
メイクをするときは、リキッドファンデーションではなく、パウダー系のもので毛穴を詰まらせないタイプを使ってください。

 

脂性肌の皮脂をコントロールするのは乾燥を防ぐことです。そのために保湿効果の高いコスメを使うことがニキビ予防にも必要です。

関連ページ

普通肌
普通肌の特徴は、部分的に乾燥したり皮脂が多い「隠れ混合肌」であることが多いです。バランスよい部分がありながらも、肌の中には水分が少ないところもあるために、安心をしてはいけません。
乾燥肌
乾燥肌は毛穴に皮脂が詰まりやすく、ターンオーバーが活発でない場合もよくあります。そのため、乾燥肌には細胞レベルからの働きを活性化することが必要になりますので、ニキビ予防には専用の化粧品を使うことがポイントです。
敏感肌
敏感肌のケアは細心の注意をする事が大切です。ニキビが繰り返し出来てしまう場合は、刺激を抑えたニキビ化粧品を使い、保湿をしっかり行う事が必要です。
混合肌
混合肌は、毎日の洗顔と保湿を正しく行う事がニキビ予防にもつながります。混合肌は皮脂の分泌が多い部位と乾燥する部位が混合しています。洗顔をするときは、皮脂が多い部位をはじめに洗い、最後に乾燥部位をさっと汚れを取るようにしましょう。